工数管理で効率化

工数管理をいかに上手く利用するかについて

工数管理は、業務に携わる人員ごとに作業における様々なデータを集計して業務効率を測定することができるものです。企業にとっては利益率を向上させるために必要となるものですが、その利用の仕方によっては大きく効果を出すことができます。 大切なのは、管理のための工数管理ではなく、あくまでも現場にとって役に立つものとして利用することです。トップダウンではなくボトムアップによって、現場作業を効率良く行い、業務を楽にしたりミスを減らしたりといったことを目的とすることが有効となります。それが業績の向上につながることによって自分達にもメリットが生じるということが実感できるようにすることが大切というわけです。つまり、現場のスタッフ自らが工数管理に取り組む仕組みが必要というわけです。

平均的な金額について

工数管理の料金体制は多くの場合、測定対象となるスタッフの数によって変わるものとなります。そして一ヶ月単位での契約となることが多いものです。その単価はサービス提供する業者によって異なるものです。と言うのも、工数管理を行うアプローチとして、分析手法が異なるためです。そしてそれは業者ごとの大事な企業秘密でもあることから、一般的な単価というものはなかなか算出できないものとなります。 そのために、工数管理を依頼するにあたっては見積もりの数字というよりも、そのアプローチをどのように行っているのかを検討することになります。管理は結果が必要なのではなく、それをどう業務改善に活かせるかが大切なこととなります。それにつながる手法が求められるというわけです。