女性
心の健康をサポート

EAPは、会社に勤めている人の「メンタル面」をサポートすることが出来るという支援プログラムのひとつです。形態としてはアウトソーシングで、専門性の高さが注目され、多くの企業で採用されています。

Read more

工数管理で効率化

工数管理は、作業データを集計し、業務効率を図るもので利益率を向上させるためには必要なものです。現場の作業効率を良くすることにより、ミスを防ぐことや多くの情報を管理することが出来るようになります。

Read more

計算を一緒に

大きな企業ともなると、親会社と小会社が誕生します。双方での決算状況を把握する為に、連結会計システムがあると非常に便利でしょう。このシステムを導入している企業は数多くあります。

Read more

オススメリンク
  • コピー機リース比較君

    専門の会社がスピーディーに対応を行なってくれるので複合機のリースを考えているならサイトを利用してみるといいでしょう。

規制に注意

インターネットを利用したIP電話を知っていますか?知らない人はこちらから情報収集を行なって、実生活に取り入れましょう。

一番お得なプランを紹介してもらえます。複合機をリースで揃えておこう。多くの紹介実績を持っているので安心して利用が出来ます。

就業規則作成にあたっての注意点

あなたの職場の就業規則を読んだことがあるでしょうか。実はすべての会社に就業規則を作る義務があるわけではありません。労働者数が常時10人以上の場合に初めて作成義務が生じるのです。そして作成したら、これを労働基準監督署長に届け出る必要があります。この届出をする際には、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその組合の、なければ労働者の過半数を代表する者から、作成した就業規則に関する意見を聞き、これを意見書として添付する必要もあるのです。もちろん内容を変更する場合にも同様に意見を聞く必要があります。 また10人未満の会社では作成義務はありませんが、就業規則に準じた文書を作成することができます。この文書には労働基準監督署への届出義務はありません。 あと注意しなければいけないのが、就業規則は作成して労働基準監督署に届出しただけでは効力が生じないということです。就業規則はその全文を労働者に周知させて初めて効力が生じるのです。お忘れないように。

ちょっと細かいルール

法定労働時間を超えて労働させたり、休日に労働させるためには労働組合もしくは労働者の過半数を代表する者との間で書面による協定を結ばなければなりません。いわゆる36協定といわれるものです。この協定も労働基準監督署への届出が必要ですが、実際に適用させるには36協定を結び届出をしただけではだめで、就業規則にも時間外労働・休日労働を実施する旨を定めておく必要があるのです。 また近年導入する会社が増えてきているものに1か月単位の変形労働時間制が あります。この制度を導入するためには労使協定又はその旨を定めた就業規則を行政官庁に届け出る必要があるのですが、労働者が常時10人未満の会社では就業規則に準じた文書でもこの制度を採用できるのです。この場合は行政官庁への届出も不要となります。小規模な事業場においては負担が減りますね。

紹介をしてもらいましょう。ビジネスホンをリースしてくれる企業は数多くありますが、仲介業者を利用することで数分で企業を検索出来ます。

安くて便利な互換インクを買うなら品質の高いものを選びましょう。こちらはメーカーごとに比較が出来るので便利です。